1. TOP
  2. ポイントサイト
  3. au PAYふるさと納税で返礼品+1.5%キャッシュバックはポイントサイトだけ!

au PAYふるさと納税で返礼品+1.5%キャッシュバックはポイントサイトだけ!

 2020/01/01 ポイントサイト モッピー
  280 Views

 

今年は、やってみたいふるさと納税!

今回は、最強キャンペーンを開催している「au PAYふるさと納税(旧:au Wowma! ふるさと納税)」についてお伝えいたします。

 

 

最強キャンペーン!au PAYふるさと納税で返礼品+1.5%キャッシュバックはポイントサイト経由

やっぱり、ふるさと納税をお得に申し込むためには、ポイントサイトを経由することが必須となってきます。今回は、その中でもかなり魅力的なキャンペーンを行っている「au PAYふるさと納税」を申し込みたいと思います。

 

au PAYふるさと納税(旧:au Wowma! ふるさと納税)とは

「au PAYふるさと納税(旧:au Wowma! ふるさと納税)」というサイトをご存知ですか?

auユーザーの方は知っているかもしれませんが、auユーザーでないと知らないかもしれません。

でも、auユーザーでなくても利用できるので安心してください。

この「au PAYふるさと納税(旧:au Wowma! ふるさと納税)」ですが、実は下記の画面を経由して申込をした方に限り、納税額の1.5%相当のポイントも付与されるんです。

 

見た瞬間にこの画面が何の画面なのかわかる人も多数いるでしょうが、知らない方に説明をしておくと、これはポイントサイト「モッピー」というものに出ています。

モッピー年会費や登録料など、一切無料なので、未登録の方は登録しておけば利用できます。下記のバナーから登録すると入会キャンペーンでボーナスポイントもらえます(詳細は下記のバナー内でご確認を)!!!

 

モッピーに無料登録はコチラ↓↓↓↓

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

au Wowma!ふるさと納税で返礼品+3%キャッシュバックする方法

現在、au PAYふるさと納税にポイントサイトより申し込みをすると8%のポイント還元をもらうことができます。

ポイントは1P=1円に現金交換できます。

ここから、そのやり方についてお伝えします。

まずは、「モッピー」のポイントサイトに無料登録します。

モッピーに無料登録はコチラ↓↓↓↓

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

登録を完了しましたら、「au」で検索します。「au PAYふるさと納税(旧:au Wowma! ふるさと納税)」をクリックします。

 

上記の画面がでてきますので、「ポイントを貯める」をクリックして、「au Wowma!ふるさと納税」のサイトから申込をしてください。

これだけで、返礼品に追加して1.5%相当のポイントがもらえるんです。

知らずにふるさと納税をすると何ももらえませんので大損ですよ!!

1万円の寄付なら300円、5万円なら1500円、10万円なら3,000円、50万円なら15,000円ももらえます

あず
Wow!!すごすぎます!! これは相当おススメです!

 

【ポイントサイトをあまり利用したことがない方】

色々な市町村に寄付をする場合、

1回1回ポイントインカムするようにしてください。経由したときのみポイントが付与されます。

 

 

モッピーの入会キャンペーン

 

モッピーは、毎月新規入会キャンペーンを開催しています。

条件クリアで、2,000ポイント(2,000円相当)がもらえますので、登録したら放置なんてせずに、まずはキャンペーンを獲得することを目指してみてください。

期間により、内容や獲得ポイントが若干変わりますので、登録時にはよくモッピーのキャンペーン情報をご確認してから、実行されてください。

最新の情報をご提供できるように、最善の努力はいたします。

 

キャンペーンポイント獲得条件

2,000ポイント(2,000円相当)の獲得条件は下記通りです。

2,000ポイント獲得条件
2020年10月31日までに、モッピーの案件を実施して5,000ポイント以上獲得すること

 

この条件を達成するだけで、,000ポイント(2,000円相当)を獲得することができます。

 

このキャンペーンは、普段よりも好条件ですのでこの機会にご登録をオススメします。

 

キャンペーンの入会期間は2020年9月30日までです。

 

 

人気の返礼品ランキング

総合ランキング

どれも美味しそうですね!

やっぱり、食べ物が上位を占めています。

特にウナギいくらなど、高価なイメージがあるものが人気なようです。

いちごも2月~5月が旬を迎えるため、一番おいしいものを返礼品としていただけるのでおすすめです。返礼品でもらえるならいいものを選びたいものです。

 

米・パンのランキング

肉のランキング

カニ・エビのランキング

魚介類のランキング

飲み物類のランキング

お酒のランキング

※時期や週によってランキングは入れ替わります。上記は5月

 

ふるさと納税とは

「ふるさと納税」とは、応援したい自治体(都道府県・市町村)に寄附ができることです。
もともとは、「税制を活用してふるさと納税へ貢献する仕組みを作りたい!」という想いから生まれたもので、国・地方自治体・個人、それぞれにメリットがある仕組みになっています。
寄附をすると、自治体や地域産業に貢献できるだけでなく、多くの自治体から寄付のお礼として、地方の特産品や寄付した地域への旅行券・宿泊券をもらうことができます。
また、寄付したお金のほとんどは税金の控除という形で戻ってくるため、実質2000円で地方のお礼の品を受け取ることができる、大変お得でうれしい制度です。

 

ふるさと納税の仕組み~なぜ、寄付金額の大部分が戻るの?~

ふるさと納税は、実質2000円の自己負担だけで、好きな地域の特産品をもらえるなんて怪しい!と思われる方もいると思います。
今から、そんな不安や迷いを解消していきましょう。

ふるさと納税は、自分が住んでいる市町村以外の地方自治体に寄附をします。寄付をして、所定の手続きをすれば、2000円を覗いた寄附相当額が、翌年以降に丸々税金から戻ります。『ふるさと』と名前がついていますが、出身地である必要はなく、好きな地方自治体を選んでいいものになっています。

 

例えば、

納税者(税金を払っている人)が好きなし市や町に、合計10万円の寄付をしたとします。

その場合、

確定申告など必要な手続きをとれば、すでに納めていた所得税が現金で戻ってきたり、翌年以降の住民税が減額されたりするのです。

この「所得税から戻ってきた現金」と「住民税が減額された分」を足すと、寄付した金額ー2000円」と同額になります。

これだけなら、お金は「いってらっしゃい」になるだけで、金銭的なメリットはないのですが、寄付に対して、返礼品がもらえる地方自治体が増えていることで、メリットが出てきます。金銭的には、2000円だけの負担なのに、それを軽く上回るほどの特産品やサービス券などがもらえるからこそ、盛り上がっているのです。

 

知っておかないとこんなはずじゃなかったと思う注意点がある!

 

ふるさと納税で得をするには、条件があるということです。

  • 恩恵を受けられるのは納税者だけ
  • 専業主婦や稼ぎのない学生は、寄付をして受け取れるのは返礼品だけ(税金の控除がない)
  • 戻ってくるお金には上限がある

ということです。

税金控除の目安はこちら↓↓↓

この表は、「他に控除される事柄がない人」用に作っています。

 

例えば、

確定申告で医療費控除を受ける人、子や妻以外に親などを扶養している人などは、納税額が抑えられるので、自己負担が2000円で済む寄付の上限も低くなります。

また、この表に当てはまらない人は、「住民税の2割」を目安にするといいでしょう。住民税の決定通知書などを見てもらえばわかります。手元にないという人は、役所で住民税の課税証明書をもらうなどして確認することができます。

 

ふるさと納税で得をするのは、納税者だけではない!

寄付先の地方自治体は、手間や特産品の代金などを差し引いても、かなりのお金を残すことができます。財政的には大助かりなんです。また、返礼品の需要で、地元企業が潤い、地域の税収も上がります。地域を活性化して、より住みやすい市町村を作っていきましょう。

 

 

ふるさと納税の魅力って何?【メリット】はある?

★寄付する側には、3つのメリットがあります!

  1. 実質2000円で地方のお礼の品がもらえる【税金が控除(還付)される】
  2. 好きな地域へ寄附ができる
  3. 複数の地域に寄附ができる

自分で欲しいお礼の品を選べて、国や地方自治体のためになり、さらに税金が安くなるなんて嬉しいですよね!

★寄附される地域も、地域産業の活性化や自治体運営の健全化につながり、メリットがあります!
寄付金は、地方自治体に約7割、お礼の品を提供する事業者に約3割で分配されます。

 

実質2000円で地方のお礼の品がもらえる【税金が控除(還付)される】

ふるさと納税は、実質的に2000円の寄付で、地方のお肉やお米などのお礼の品を受け取ることができます。中には、旅館やホテルの宿泊券や観光施設の無料券・サービス券をくれる地方自治体もあります。
例えば、50000円を寄付した場合
→最大48000円が所得税から引かれる金額分は『還付』として、口座振込という形で戻
ってきます。また、住民税から引かれる金額分は『控除』として、翌年度の住民税から差
し引かれます。
ふるさと納税は、年内に何回も行うことが可能です!ただし、人によって戻ってくる控除額の上限が違いますので、チェックしておきましょう。

 

好きな地域へ寄附ができる

ふるさと納税は、住んでいる地域や故郷はもちろん、それ以外の地域にも寄付をすることができます。「思い出のあの地域に寄附をしたいなぁ♪」「困っている地域の人を応援したい!」「あの特産物を食べてみたい!」と思ったときに、好きな地域へ貢献ができるのです。

また、寄付の用途も選ぶことができます。各自治体では、寄付金の使い道を明らかにしているので、その中から「自然を守りたい!」「子育ての環境を充実させたい!」など、あなたが貢献をしたい用途を選んで寄付することができます。

 

複数の地域に寄附ができる

ふるさと納税は、複数の地域に収めることができます。また、同じ地域に何回も寄付することもできます。寄付したい場所や気になるお礼の品がいくつもある方には、とてもうれしい制度ですね。

※同じ自治体には、何度申し込んでも1回とカウントされます。また、「ワンストップ特例」を活用する場合には、5つの自治体までとなります。

 

 

どういった手続きが必要なの?

実は、手続きはとても簡単です!やることはこの4つだけ!

  1. 控除上限額を知る
  2. 寄附する自治体や返礼品を選ぶ
  3. 地方自治体から返礼品と書類を受け取る
  4. 税金控除の手続きをする

です。

 

控除上限額を知る

【寄付金控除】
ふるさと納税の寄付金は税金の控除対象となるため、「確定申告」または「ワンストップ特例制度」いずれかの手続きをすることにより、最終的な実質自己負担額を2,000円に抑えることができます。
分かりやすく言うと、自分の住んでいる市町村に支払うべき所得税や住民税を、他の市町村に支払う制度になります。

ふるさと納税は払った金額全てが控除されるわけではありません。所得税率などで寄付金控除の上限が決定します。

寄付金控除の上限を超えてしまうと、全額が自己負担になってしまうので、注意が必要です。

控除上限額は、シュミレーターを使って簡単に確認することもできます。

 

寄附する自治体や返礼品を選ぶ

ふるさと納税サイトで寄付する自治体や返礼品を選びます。
※おすすめの返礼品は上記でお伝えしています。

寄附申込書で選んだ納付の方法に応じた納付書の送付など、納付の案内が自治体からありますので金融機関等で納付となります。

 

地方自治体から返礼品と書類を受け取る

寄附が完了すると、お礼の品の発注が行われ、返礼品と寄附金受領証明書が届きます。
寄附金受領証明書とは、ふるさと納税(寄附)をした人が、その寄付をしたことを自治体が証明する書類になります。領収書みたいなものです。


寄附金受領証明書は、ふるさと納税をした後で、寄付をした人が所得税の還付や住民税の控除を受けるときに必要になってきますので必ず保管しておきましょう。自治体によって異なりますが、寄付の受付から2か月くらい後に送られてくることが多いようです。

 

税金控除の手続きをする

税金控除の申請には、2つの方法があります!
それは、「確定申告」または「ワンストップ特例制度」です。

確定申告(※必要がある人のみ)
前年にふるさと納税を行った人で、確定申告を行う必要がある人は税務署に「寄附金受領証明書」を提出します。
万が一「寄附金受領証明書」を紛失してしまった場合は、発行元の各自治体へ再発行が可能かどうか確認する必要があります。
確定申告期間内に確定申告ができなかった場合については、所轄の税務署に相談しましょう。

ワンストップ制度とは、確定申告をする必要のない給与所得者が利用できる制度です。(年収2000万円以上の所得者や、医療費控除のために確定申告が必要な場合は確定申告で寄附金控除を申請する必要があります。)
ただし、1年間の寄附先が5自治体以下であることが条件です。
自営業(個人事業主・フリーランス)などの確定申告が必要な人は、寄附金受領証明書が控除の証明書となります。

寄附申請時に「ワンストップ特例制度」のお手続きを希望をされた方には、ご入金確認後に「特例申請書」等の書類が郵送されますので、内容を確認し、記入・捺印の上、返信用封筒にてご返送します。
申請の提出は、「大変」「めんどくさい」と思われる方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。この申請さえできれば、税金を控除できますので、忘れずに行いましょう。

 

 

ポイントサイトを比較!一番お得なのはどこ

ポイントサイトはいろいろありますが、いくつか比較してみましょう。

ポイントサイト名 獲得ポイント数
ハピタス 1%
ポイントタウン 1%
ポイントインカム 1.2%
ライフメディア 1.5%
モッピー 1.5%

 

どのサイトも還元率は同じですが、初めての方には安心して使っていただきたいので有名で使いやすいモッピーをオススメいたします。

モッピーは、1P=1円からポイント交換できます。

ポイントインカムについて詳しくは下記の記事をご参照ください。

【9月:モッピー】入会キャンペーンが高還元!無料で2000円獲得する方法をわかりやすく解説

 

モッピーに無料登録はコチラ↓↓↓↓

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

まとめ

ふるさと納税は、、ポイントサイトを経由するともっとお得に申し込むことができます。

返礼品+1.5%キャッシュバックです。

さらに、モッピーの紹介入会キャンペーンの条件を達成(5,000ポイント交換)で2,000ポイントプレゼントです。

 

2020年は、ふるさと納税をお得に活用してみてはいかがでしょうか。

 

モッピーに無料登録はコチラ↓↓↓↓

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

【あわせて読みたい記事】~モッピー~

【9月最新】無料で7000円を簡単に稼ぐのはコレだ!モッピーで「ポイ活」デビュー!

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

マイルのトリコの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルのトリコの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

黒木 あずさ

黒木 あずさ

「自由」を求めて独立を目指しています!

元幼稚園教諭。教育の現場で仕事を11年していました。
幼稚園教諭、保育士、小学校教諭と免許や資格は持っていますが、日々の仕事や育児、家事に追われてゆっくりとした時間を過ごせていません。

大好きな旅行やグルメ、子ども達との時間を作るべく、ポイ活やマイルを貯めて家族で海外旅行することを目標に取り組んでいます。

ブログ運営、アフィリエイトに挑戦中。

プライベートでは、2児のママです。旅行とマイル、グルメ、よさこいが好き。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ANA VISAワイドゴールドはポイントサイト経由がお得!キャンペーンや年会費割引,特典,メリットを大公開

  • 【朗報】マイルが2倍貯まる!公共料金をミニストップで支払うWAON支払いの収納代行まとめ!

  • 【9月最新:エポスカード】ポイントを効率よく貯める方法5選!最大30倍で貯めて賢く使おう!

  • 【9月:9,700円相当】エポスカードはポイントサイト経由がお得!年会費無料で海外旅行保険つきの10大特典や入会キャンペーンを解説

関連記事

  • 【9月最新】20代限定JAL CLUB EST!ポイントサイト経由で最大9,250円キャッシュバック!

  • 【楽天ゴールドカード】ポイントサイト経由のお得な入会キャンペーンやメリット・デメリットを解説【9月最新】

  • ポイントサイト入会キャンペーン比較!無料で8800円相当+Amazonギフト券1000円獲得する方法

  • 【9月最新】さとふるがお得なポイントサイトは? 今年は16945円も得できました!

  • 【7月22日開始】Gotoトラベルキャンペーンを使って一番お得に旅行を申込む方法!

  • ポン活がどれだけお得か主婦が検証!dポイントの価値が約2.7倍になる驚愕の事実が発覚!